今、サービス化エンジニアとしてできること

情報処理試験を目指す極めて個人的な記録

ITサービスマネージャ人物像

1.対象者像

高度IT人材として確立した専門分野をもち、情報システム全体について、安定稼働を確保し、障害発生時においては被害の最小化を図るとともに、継続的な改善、品質管理など、安定性と信頼性の高いサービスの提供を行う者

2.役割と業務
ITサービスの品質とコスト効率の継続的な向上を目的としてITサービスをマネジメントする業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。

(1)各チームのリーダとして、サービスサポートとサービスデリバリのプロセスを整備・実行。最適なコストと品質で顧客にITサービスを提供。
(2)アプリケーションに関するシステムの受入れ、運用。情報システム基盤の提供と、効率的なシステムの運用管理。
(3)ITサービスとマネジメントプロセスの継続的な改善。ITサービスの顧客への報告、顧客満足度向上を図る。
(4)情報セキュリティポリシの運用と管理。情報セキュリティインシデント管理。ITサービス活動の中の情報セキュリティの効率的な管理。
(5)ハードウェア、ソフトウェアの導入、カスタマイズ、保守及び修理を実施。また、データセンタ施設のファシリティマネジメントを行う。

3.期待する技術水準
ITサービスマネージャの業務と役割を円滑に遂行するため、次の知識・実践能力が要求される。

(1)サービスサポート、サービスデリバリの各プロセスの理解と実施。
(2)システムの運用管理に必要な管理技術をもち、品質を維持。
(3)ITサービスの改善策を考え、サービスレポートを顧客に報告。
(4)情報セキュリティの運用・管理。
(5)ハードウェア、ソフトウェアについて導入、セットアップ、機能の維持・拡張、障害修復ができ、データセンタ施設のファシリティマネジメント遂行。

ITILについて

先日、ITILファンデーションの試験に合格しました。高い試験ですが、秋の試験に向けた一部だと思うことにしました。

実際、用語には強くなっています。一度、全体像を叩き込むことは有効のようです。ネスペならTCP/IPみたいなものですかね。

7月から本格的に秋に向けた勉強をしていきます。しばらく更新が止まっていますが、少しずつ更新していきたいです。

初論文を書きました

プロットも入れると結局4時間くらいかかったでしょうかね。

まさか6月に書くとは思わなかったですが、これくらい早くないと直していかないといけないので難しいのでしょうね。

それにしても、現状、経験からしか書けません。経験以外のところで広げて書くんだ、みたいなことテキストに書いてありますが、そもそも経験以外の知識を論文として借用して書けるほど知識が溜まってませんし。

そういう意味では、課題のようなものは見えてきてます。ずばり、絶対的な知識不足です。それも、キーワードとしての知識ではなく、それを文章にして語れるだけのもの。

もっともっと染み込むまで知識を身につけないと、合格が見えてきません。

バスの停車ボタン押してますか?

バスの停車ボタンを押す人と押さない人がいることに気づいた。その違いはなんだろうか。停車ボタンを押す人は自分で降りることを選んでいる。しかし押さない人は誰かに任せている。
今回は前向きに、押す人のメリットを考えてみよう。自分で降りることを伝えるということはどういうことだろう。他人に期待しないで自分で伝えるわけだ。たかだか停車ボタンでと思うだろうか。しかし、人間は習慣の生き物である。
結局、バスの停車ボタンを押すという行為は、その人が自分で選択するという姿勢の一つの表れだと思うのだ。だから、停車ボタンを押すことで他の場面でも自分で選択することに繋がっていく。さぁ、みんなで停車ボタンを押そう!

(298文字、20分)

アジャイルとは道ではないか

日本には古来から武芸という考え方がある。例えば術としての剣術は、道になると剣道になるという。剣道って単純に剣術を学ぶだけじゃなくって、精神的な人間を磨くスポーツなんだよね。
それでは道とは何か。これは技術という術に、マインドセットを加えたものをいうらしい。で、これって何かに似てないだろうか。西洋からやってきたアジャイル開発技法って考え方だ。私は技術にマインドセットを内包するなんてすごく西洋らしいと思っていたのだが、日本にも昔からあったんだね。
そう考えると、アジャイルって技法といいながら技術じゃないんだってわかる。アジャイルへの接し方とかもなんだかわかるような気がするんだけどどうだろうか。

(299文字、15分)

なぜ車のライトは2個

街を歩いていてふとこんなことを考えたことはないだろうか。なぜ、車のライトは2個なんだろう。まず考えたのは、機能上の利点だ。左と右に配置すれば死角が少なくなる。でもだったら3個でもよくないか。
次に考えたのは人間の顔に見えること。試しに3つ目の人間を想像してほしい。かわいいとは思わないはずだ。愛着が出るほうが売れる。商業的な理由。
最後に思いついたのは、そこに知性を感じるってこと。生き物は、目が2個だから目が2個あるものに対しては知性の存在を感じて、注意するようにできている気がする。つまり安全性の理由。
そう考えると、究極は人型の車ってことになる。将来は車はモビルスーツみたいになるのかもね。

(299文字、20分)

ブログの名前を変えました。

ブログの名前を、インフラエンジニアからサービス化エンジニアに変えた。

当初、ネットワークとデータベースを勉強してフルスタックっぽい方向性を持っていたんで、インフラエンジニアって名前にした。でも最近、目指している方向性はインフラではなく、サービスなんだと気づいた。

でもうまい名前がないことに気づく。発明家?起業家?アーキテクト?なんだかみんな大げさなんだよね。あくまでただのエンジニアでいたい。

単純にサービスを付けてサービスエンジニアだとなんだか和製英語になっちゃってるので、「化」をつけてサービス化エンジニア。サービスをつくれるエンジニアを目指したい、との想いから作った。とりあえずはこれでいこう。