読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、インフラエンジニアとしてできること

情報処理試験を目指す極めて個人的な記録

勉強していると嫌なことを思い出す

前から不思議だったんだことがある。それは勉強で机に向かっているとき、決まって嫌な思い出を思い出すということである。しばらく我慢して続けていると、いつの間にか勉強に集中して嫌なことはどこかに消えているんだけど。いろいろ調べたところ、どうやら…

韻を踏むということ

最近になって知ったことだが、フリースタイルラップという分野がある。正直、ラップというとビジュアルばかりが目に入って、レッテルを貼ってしまい、違う世界の人たちだと思考停止してきたのだが、ちょっと触れる機会があって面白いな、と感じた。韻を踏む…

思い浮かぶ曲で意識がわかる

ときどき、ふと曲を口ずさんでいるということはないだろうか。私にはある。ある日、その曲に法則性があることに気付いた。 それは、その時の気分によって、聴こえてくる曲名が変わることである。例えば、私の場合、やさくれると鬼塚ちひろが聴こえてくるし、…

コンビニから募金箱が消える

あなたは、コンビニのレジで募金をしたことがあるだろうか。しかしこの募金箱、近い将来にコンビニから消える気がする。 理由は電子マネーの普及だ。今、電子マネーを使えないコンビニは皆無である。しかも、大概は複数の電子マネーを選択できる。実際に電子…

300文字だから書ける

なぜ文章もたいして書いたことがない私が、300文字の文章を書けているのか。それは300文字という制限のお陰なのではないか。 考えてみれば、日本には軽自動車のように制限の中で発展してきたものも多い。日本人は完全な自由よりも、制限をかけてあげると燃え…

論文は実体験がないと駄目なのか

題名のような議論は必ずされると思う。現に私も嘘を書くのは嫌だと思ったことがある。しかし、やはり論文とは創作なのである。例えば、作詞家は実体験だけを歌詞にしているのだろうか。失恋経験は歌の数だけあるのか、そんなことはないはずである。大切なの…

採点者の視点に立つ

コピーライティングの本に、 『読む人のトクになる文章を書きなさい。電話越しでお辞儀をするような人と同じ気持ちで書きなさい。』 というようなことが書いてあった。 また、映画バクマン。では、 『読んでもらって初めてマンガになるんだ。』 というセリフ…

プロット効果

今回の300文字は始めにプロットを造ってから書き始めたが、やっぱり圧倒的に書きやすい。文の不自然さ、ぎこちなさが少ない気がする。 あと、何を書くかが決まっていると、連想されてアイデアも出やすい。 もうしばらく、続けてみよう。

最近流行ってる擬人化について

ネットワークの話になってしまうが、擬人化と家電にIPアドレスを振ることは似ていると思う。 そもそも擬人化って何だろう。艦船を擬人化した艦これ、言語を擬人化したCちゃんなど、物や概念に人格を与えたものだ。命を与えているといってもいい。擬人化する…

Re:性格とは何かを考えてみる

プロットの重要性に気がつく。 段落が論理的なつながりを持っていなかったり。結局何がいいたいのかわからない文章になってしまう。 何よりも書きづらい。言葉が出てこない。何度も書き直す。あぁ、人間って何を書くかを決めておかないと書けないんだ。とア…

性格とは何かを考えてみる

人間の性格とは、結局のところ外部の刺激に対する反応の集合ではないだろうか。 よく、三つ子の魂百までという。これは確か、幼い頃に学習した思考パターンは、その後の人生のなかで変わることはない、という意味だったと思う。そのくらい人間というのは同じ…

論文の構成要素

論文には3つの構成要素が必要だ。 1.回答 2.根拠 3.具体的な記述 ただ、これはそのままだと日常的な文章には応用しづらい。 日常的な文章だとこうだろうか。 1.導入 2.展開 3.結末 他にも起承転結の4部構成、結論理由だけの2部構成もある。 …

車内広告について

社内広告をみて思ったことがある。広告には2種類があるように思う。 1 機能型広告 2 イメージ型広告 ブランドイメージが確立されているものほどシンプルになりやすい。逆にブランドイメージがまだ確立されていない広告については、文字数が多く、情報量が増…

300文字道場

論文練習のために300文字の練習を始めます。内容については雑談レベルです。特に意味はありません。 まずは下手だという認識からかな。(苦笑)