読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、サービス化エンジニアとしてできること

情報処理試験を目指す極めて個人的な記録

結局のところ

ブログの目的はなんだろう。

ITサービスマネージャ試験に受かること。

それはそうなのだけど、なんかそれだけではない気がしていて。

 

ネットワークスペシャリストとなって、じゃあ次何をするかって。なったあとのことなんて考えてもいなかった。だから何ができるだろうって考えていて。

資格なんて何も変わらないよ、とそういう意見もあるだろうけど。でもね。でも、私はそうじゃないと思うんだって。だって、ネットワークスペシャリストとして相手は見るから。評価はされると思う。でもそれは逆にいうと、プレッシャーでもある。あぁ、この人ネットワークスペシャリストとかいっておいて、大した技術ないな、みたいな。それはエンジニアとしてプライドがあって、そういうのはやっぱり許せないんだよね。

 

例えるなら、斧を研いできたんだ。斧を研いで斧を研いで、戦いの時には最高のパフォーマンスを上げること。そういうのがプロのエンジニアだと思ってる。

タイガースの福留が、昔Numberで言っていたことがある。

「僕は、今のフォームでは2塁打や3塁打が多いのだけど、フォームを崩してまでホームランは狙わない。そうじゃなくって、今のフォームのまま、磨いて磨いていって、それでその先に、結果としてホームランが打てればいいな、と。そう思っています。」

記憶が定かではないけども、確かこんなようなことを言っていた。

ゴールを狙うのではなく、そうじゃなくってプロセスを磨いて磨いて磨いて、それで気がついたらゴールしていた、みたいな。そんな技術の磨き方ってカッコいいなと思う。

 

話を戻そう。合格というゴールは大事なんだけど、あえてゴールを狙わないで。例えば、普通はゴールを設定したら逆算して途中のマイルストーンを設定していくんだろうけど、そうじゃなくって、プロセスを積み重ねて積み重ねていこうかなと。だから、無駄が多いと思うし、そもそもたどり着かないかもしれない。それでも、寄り道しながらでも進めればいいかな、と。

そういった意味で、誰かの参考にはならないかもしれない。でも、そうします。

 

できるだけ頻繁に更新する。一言でもいいので。ネットワークスペシャリストのときはそれが結構役に立ったから。技術的なことはあまり書けないと思う。時間もないし。だから自己満足的なブログになっちゃうと思うけど。あらかじめ書いておきます。

今年も無事な1年になりますように。