読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、サービス化エンジニアとしてできること

情報処理試験を目指す極めて個人的な記録

300文字だから書ける

なぜ文章もたいして書いたことがない私が、300文字の文章を書けているのか。それは300文字という制限のお陰なのではないか。


考えてみれば、日本には軽自動車のように制限の中で発展してきたものも多い。日本人は完全な自由よりも、制限をかけてあげると燃える性質がある気がするが如何だろうか。


何本か書いてるうちに300文字を制限と考えると苦しくなるが、指針と考えると楽になることに気付いた。それは、ルールがあるからこそ、人はその中で工夫をしようと知恵を絞るからではないか。
論文もやっぱり文字数が決まっている。多いか少ないかはおいといて、これを指針だと考えると、おのずと全体像は見えてくる。そんな気がする。

(300文字、15分)