読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、サービス化エンジニアとしてできること

情報処理試験を目指す極めて個人的な記録

数字じゃ伝わらない

簿記をやっていて、数字の便利さに驚く。だがしかし、数字というのは便利ではあるが、数字じゃ伝わらないという事態もあるんだよね。
例えば。「私の事好き?」って聞かれたらなんて答えるだろう。「どのくらい好き?」って聞かれて、うっかりと「75パーセント好き」なんて答えたら、ケンカが始まるだろう。つまりは数字が具体的すぎる、ドライすぎるわけである。昔アンテナのCMで、見え過ぎちゃって困る、なんてキャッチフレーズがあったが、まさにそういう状態である。
どうも、感情を伝えることは数字は苦手のようだ。伝えたいとこはそこじゃないんだよね。感情は情報の伝達ではなくて、コミニュケーション自体が目的なんだろうなぁ。

(299文字、15分)