今、サービス化エンジニアとしてできること

情報処理試験を目指す極めて個人的な記録

ITサービスマネージャ人物像

1.対象者像

高度IT人材として確立した専門分野をもち、情報システム全体について、安定稼働を確保し、障害発生時においては被害の最小化を図るとともに、継続的な改善、品質管理など、安定性と信頼性の高いサービスの提供を行う者

2.役割と業務
ITサービスの品質とコスト効率の継続的な向上を目的としてITサービスをマネジメントする業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。

(1)各チームのリーダとして、サービスサポートとサービスデリバリのプロセスを整備・実行。最適なコストと品質で顧客にITサービスを提供。
(2)アプリケーションに関するシステムの受入れ、運用。情報システム基盤の提供と、効率的なシステムの運用管理。
(3)ITサービスとマネジメントプロセスの継続的な改善。ITサービスの顧客への報告、顧客満足度向上を図る。
(4)情報セキュリティポリシの運用と管理。情報セキュリティインシデント管理。ITサービス活動の中の情報セキュリティの効率的な管理。
(5)ハードウェア、ソフトウェアの導入、カスタマイズ、保守及び修理を実施。また、データセンタ施設のファシリティマネジメントを行う。

3.期待する技術水準
ITサービスマネージャの業務と役割を円滑に遂行するため、次の知識・実践能力が要求される。

(1)サービスサポート、サービスデリバリの各プロセスの理解と実施。
(2)システムの運用管理に必要な管理技術をもち、品質を維持。
(3)ITサービスの改善策を考え、サービスレポートを顧客に報告。
(4)情報セキュリティの運用・管理。
(5)ハードウェア、ソフトウェアについて導入、セットアップ、機能の維持・拡張、障害修復ができ、データセンタ施設のファシリティマネジメント遂行。

 

(追記)

重要な観点であると感じる。

・継続的な改善

・品質管理

ITILでいう継続的なサービス改善であると考える。ただ安定運用することがITサービスマネージャの仕事ではなく、継続的に改善し、品質を上げていくこと。

・安定稼働

・安定性

・信頼性

RASISの中でも、R:信頼性、A:可用性が特に求められているということかな。